名古屋のとなり

名古屋のとなりでSEしながら、日々学んだことなどをブログに書いていきます。

名古屋のとなり

日々の勉強のアウトプットと、ときどき趣味のこと

3日坊主ならぬ3記事坊主がブログを更新し続けるために

こんにちは。メガネへびです。
前回の記事ではなぜブログ更新を続けられないかを考えましたが、今回は更新を継続するためにどうしたらいいか、対策を考えたいと思います。
気合と根性以外の希望を見出したいと思います・・・

ブログ更新が続けられない理由

meganehebi.hatenablog.com

前の記事で書きましたが、ブログ更新を継続できない理由は多分、下の通り。

 1.面倒くさい

   → 意図した通りに表現できない
   → 記事執筆に付随する作業が不毛かつ時間がかかる

 2.面白くない

   → 初期段階ではウマミが感じられない(反応、収益)

どうすれば面倒くさくないか?

まず、記事に直接関係ない付随作業をすべて撤廃する。

いまいち勝手がわからないまま、一応見栄えを良くしたいと思いアイキャッチ?画像など入れるようにしていましたが、そういうオマケ行為が煩わしい。

 ⇒ やめよう。

ランニング始める前に、まずはウォーキングから始める。

長い距離走れるようにする → その後スピードアップを図る

勉強できない子の教育は、簡単な問題解かせるとこから始める

みたいな。

最近読んだ本にこんな感じのことが書いてありました。
ブログ更新に限らず、不慣れなことを習慣化させる場合、段取りは同じかなと。

小手先の技術は、ブログ更新が習慣化できてきた頃に新手改めて考えます。

どうすれば意図通りに表現できるか?

意図通りに表現できず途方にくれる

 ⇒ やめよう。

表現方法とかツールの利用とかはもちろん模索したいですが、上の答えと同様。

上手な表現は、ブログ更新できるようになってから考えよう。

下書きにでもブチ込んでおいて、違うネタで書きだしてみる。

そして、解放が見つかったか、暇なときに再開する。

可能な限りラクな道を探し続けたいと思います。

 

どうすればブログ更新が楽しくなるか?

上の2点はブログ更新を「やりたくない理由」でした。ネガティブ要素。

ネガティブ要素を減らすのも継続に有効だと思いますが、一方でブログを「書きたい」と思うポジティブな理由を持たなければいけない、とも思います。

本来のブログの面白味、見返りは他者の反応や交流、あるいは収益だと思います。

が、それは一朝一夕では得られないので、何か他の楽しみを作り出したいところです。

 

そこで思いついてのは、以前に自分の癖を直した方法。

幼い頃からつい4ヵ月程前まで、自分には指の爪を噛む癖がありました。

そこそこ重症で、手の爪全部が常に深爪で、白い部分がない状態。

記憶にある範囲だけでも、20年くらいはこの状態で、苦いマニキュアを塗るなど色々試行錯誤してきましたが、効果は薄く、すぐ爪を噛む癖が再発してしまいました。

ですが、最後にとった方法で、自分や家族も驚くくらいサッパリ解決。

今でも癖が再発することはなく、おそらく完治?したと思っています。

 

その方法ですが至極単純。

・毎月初めにお小遣いの内2000円を家計に返納(ウチはお小遣い制ですw)

・1週間爪を噛まなかったらお小遣い500円

・4週間爪を噛まなかったら、追加でお小遣い2000円

 

で、

個人的に成功実績のあるこの方法を、ブログ更新に応用できないかな、と。

・1記事書いたら100円くらい。

・記事の間が1週間以内ならプラス100円。

・1週間以内の更新を連続すると更ににプラス100円。上限は500円。

みたいな。

1記事/週ペースで続けると、月2000円くらいのご褒美。

ちょっとテキトーすぎますが、こんな感じで自分にご褒美を与えてみようかと思っています。

上のルールだと、連続更新すると際限なくお小遣いが出るので、ある程度ブログ更新が習慣化できてきたら、総額の上限も設定した方がいいかも。多少家計を食うことになりますが、ある種の投資だと思えばアリかなと。

 

書いている内にやる気が出てきたので、本日から我が家では上のルールを導入してみます!

 

まとめ

・画像探しや記事の表現の細工など、面倒だと感じる

 ⇒ 即、やめる。

   保留して、また後日考える。

・反応や収益のないブログ序盤が楽しくない

 ⇒ 1記事ごとにお小遣いを増額するルールを導入する。今日から!

 

ということで、上の自分ルールを設定したうえで、あらためてブロガーの道をゆっくりゆっくり、歩きだしたいと思います。

ひとまず、現時点で1週間以内の更新2記事目=300円ゲット。

ささやかな金額ですが、多分、楽しめる気がします。