名古屋のとなり

名古屋のとなりでSEしながら、日々学んだことなどをブログに書いていきます。

名古屋のとなり

日々の勉強のアウトプットと、ときどき趣味のこと

はじめてのブログを始めるにあたって:始めた理由から記事を書き始めるまで

f:id:meganehebi:20170514035249j:plain

ブログ経験ゼロの私が、ブログを始めるに至った経緯や作業などを、最初の記事として書こうと思います。
始めたいと思い続けているけど動き出せずにいる、自分のような人への動機付けや参考になれば幸いです。
本記事ではブログを開設するまでに行ったことをまとめています。
次の記事でブログ開設から初記事(コレ)投稿までをまとめる予定です。

 

 ごあいさつ

順番が前後しましたが、初めまして。メガネへびです。
名古屋のとなりでSEとして、これまで会計システム(の一部)の導入や教育を担当してきました。
SEになって3年目。仕事にゆとりが出来てきたとともに、自分のスキルや今後について真面目に考え始めました。そこで、以下のような経緯でブログを始めました。

ブログを始めた理由

自身のスキルアップ

学習したこと真に理解するには人に教えるのが一番、とのこと。多くの本や記事で言われていますし、自分の経験からも、納得いく。
とはいえ、日常的に自分が学んだことを人に教える機会なんてほぼ無い・・・
⇒直接教える訳ではないが、図や文章でアウトプットするブログは良いのでは?
ということで、日々の学習の整理として活用したいと思います。
あと、文章やデザインなどブログ自体に必要なスキルも同時に学んでいきたい。

お仕事的な資産形成

自分の仕事や勉強を記録し、エビデンスとして残していくことで、何かの時に(転職とか?)に使えるかもしれない。
また記事を見てくれる人とゆるい縁が出来れば何か時に役立つかもしれないし、人との交流から更にスキルや知識が広がるかもしれない。

なんだかんだお小遣い

なんだかんだ、いずれは・・・ねえ?
とはいえ、当分はお小遣いは忘れて、仕事&ブログの勉強に努めます。

ブログ作成の前に:テーマと自分ルール

深いこと考えずに書き始める、という考え方もあるのでしょうが、こういう設計というか構想を練りたくなるタイプなので、まず以下のことを整理しました。

  • テーマ(ブログに書く内容)
  • 続けるための自分ルール
  • タイトルとユーザ名

テーマ(ブログに書く内容)

  • 日々の勉強のアウトプット
    アプリ開発、IT周りの調べものなど、学んだことのまとめ。
  • 仕事について
    仕事自体については書けませんが、仕事を通しての学びや気づき、仕事の進め方や関わり方など。
  • 趣味
    コーヒーや投資、読書など趣味(勉強中含む)について。
    ブログの本来の目的からは逸れるので、あまり書きすぎないよう気を付ける。

あまり厳格に縛るつもりはありませんが、一定の方向性を持つために、最初に書くこと、書かないこと(上記以外)を設定しました。

続けるための自分ルール

始めるまでにも随分時間がかかりましたが、一番大事なのは続けること。そして、たぶん一番難しいこと・・・
そこで、さくっと調べた結果と自分の性格から以下のルールと留意点を設定しました。

  • 更新ペース:毎週1本(最初の内は多めに頑張る)
  • 作業時間:1記事2時間以内
  • 1記事800文字以上
  • 意識的にはてブ記事を引用する

そこそこの品質とボリュームで、無理のない数量、というのが当面の目標。
慣れてきて効率があがったら、また方針修正しようと思いますが、まずは無理せず。

 

タイトルとユーザ名

名付けです。
上で紹介した記事でも、タイトルとユーザ名は大事だと書かれていました。
私解釈だと、すごくザックリいうと以下の要素を守るべき、らしい。

  • タイトルは読めること。
  • ユーザ名は呼べること。

実際、私が読んでいる、ある程度のPVがあるブログでは読めるタイトル、呼べる名前になっていました。
一方で、タイトルやユーザ名そのものは、特に意味にない名前が多い気がします。
ということで、上のルールだけ守って適当に付けたのがこのブログタイトルと、私の名前となりました。
今までユーザ名の類はほとんど海外の知人の名前かリアルあだ名を使っていたため、この作業は私にとって意外と難しかったです・・・

 

長くなりましたが、以上が私がブログを作るまでに行った作業です。
ごちゃごちゃ考えながら作業した結果、
・最初の記事着手まで4時間
・最初の本文に3時間(1700文字)
と、気合を入れすぎているのか、冗長な作業や文章が多すぎるのか・・・
先行き不安な初記事となりましたが、これらの初期作業が今後活きてくるはず。
そう信じて、地道にコツコツちまちま、続けていきたいと思います。